アボカドの木

アボカドに関する情報をただ収集することが好きな学生のブログ

アボカドの花が実をつけた…!

こんにちは!

長らくブログを放置してしまいました。

いけない…さぼり癖が…笑

そろそろ新学期も始まるので、

再び気合を入れなおしてちょこちょことブログの更新していきます!

 

アボカドの花のその後…

ということで、今回はアボカドの花の経過報告についてです。

前回このような記事を書いたのですが(2017年2月3日)

avocad000.hatenablog.com

 

その後、開いたり閉じたりしてひとまわり大きくなった花はすべて閉じて

(2月25日撮影)

f:id:avocad000:20170317183606j:image

 

 

さらに時間がたつとこのように枯れてしまいます

(3月17日撮影)

f:id:avocad000:20170317184652j:plain

 

 

そしてよーく見ると

f:id:avocad000:20170317184931j:plain

f:id:avocad000:20170317184954j:plain

f:id:avocad000:20170317184950j:plain

f:id:avocad000:20170317185007j:plain

なんと小さなアボカドの実があちらこちらに!いのちを感じますね~~

 

 

でも、なんか、おかしい???

というのも、前回の記事と今回書いているアボカドはメキシコーラという品種のアボカドなのですが、このメキシコーラ、実はほかにあったアボカドの品種に比べて咲いた時期が早くて単独で咲いていました。

 

前回の記事で少し触れさせていただいたのですが、アボカドの花は雌雄異熟で違う開花タイプ品種を一緒に植えると同じ時間に雌ステージと雄ステージが混在する状態を作れることから結実率がよくなるらしいです。

 

 

 

あれ…?あれれ…?

 

 

おかしいな…?

 

 

と、焦らしておきながら

 

 

 

なんでそうなるのかのからくりは次回お楽しみに!

 

 

 

と、書きたいところなのですが、

残念ながら、どのようにしてこんなことが起こるのかはっきりとはわかりません(泣)

 

観察が甘かったな…難しかったな…

 

まぁ、なにはともあれ、実をつけたことはとても喜ばしいことではあるのですが。

 

まとめ

雌雄異熟のアボカドが単独で小さな実をつけていた。今後どうなるか、さらなる観察を続けていきたい。

 

 

 

f:id:avocad000:20170317190939j:plain

いや~もうなんか、春ですね笑