アボカドの木

アボカドに関する情報を気ままに発信しているブログです

世界中で食べられているアボカドの品種、ハス種は実は〇〇だった?!③

こんにちは!

 

今回で最終回にします!!!

多分ここから読んでもまったく意味不明な感じになってしまうので……

ぜひぜひ前々回、前回の記事をみていただきたいです!

 


avocad000.hatenablog.com

 

 

avocad000.hatenablog.com

 

 

 

では!続きです……

 

※こちらが引用文献

www.cooksinfo.com

 

 

 

 

 

この正体不明の実生樹はフェルテよりもはやく成長し、そしてフェルテよりもまっすぐ成長しました。

問題だったはずの木は結実するまで時間がかからない上に狭い範囲にたくさん植えられるというなんともコスパのいい木だったのです。

年々たくさんの実が採れるようになるとハス氏はそのアボカドを消費しきれなくなり、同僚に4-5個を1ドルで売るようになりました。

 

 

 

 

 

売ったアボカドはいつもすぐにさばけたので、ハス氏はこの木を接ぎ木してふやし、家の前のスタンドで妻と子どもに収穫と販売を手伝ってもらいました。

さらにハス氏がこのアボカドを食料品店にも卸したところ、そこのお客さんは裕福だったこともあり、この新しいアボカドは1個※1ドルという高額で売れました。

 

(※この当時の1ドルは2007年の15ドルくらいに値する)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1935年にハス氏は17年期限の植物特許をとって、この新しく登録した品種に自分の名前をつけました。同じ年にハス氏はブロコウ氏という苗木屋と契約して、ハス(品種)を増やして売ってもらいました。苗木は1本5ドルで販売し、売上の25%はハス氏に75%はブロコウ氏がもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

この木はとても人気があったものの売上自体は4800ドルにとどまりました。というのも、多くの栽培者は1本だけ木を買ったらその木からほかの木に接ぎ木をしていったのです……

 

 

 

 

 

ハス(品種)は1940年代後半にはイスラエルに導入され、1952年にはその特許も切れてしまいました。

特許が切れてまもなくハス氏は亡くなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

ときがたってハス氏の果樹園は住宅街になってしまいましたが、もととなる母樹は2002年に根腐れにあってしまうまで生き延びたという記録が残っています。

 

 

 

ブロコウ氏のおいが、がんばって木を救おうとしたものの木は枯れてしまいました。しかし、その木の材木は今もブロコウ氏の苗木屋に保管されており、また、一部はハス氏のおいが記念品に加工して家族やアボカド生産者の会に向けて配りました。そして、もともと、母樹があった場所には今は記念板があるそうです。

 

Photo of A.R. Rideout

Photo of A.R. Rideout. Courtesy the Hofshi Foundation.

ライドアウト氏の写真(最初の方にでてきた……)

終わり

 

 

 

 

 

(引用元のページを

ほぼほぼそのまま和訳してしまったので

なんだかたどたどしくなってしまいました……

 

あれ?ってなった方は

原文でお楽しみください。)

 

 

 

まとめ

世界中で食べられているアボカドの品種、ハス種は実は実生樹だった。

 

 

今は世界中で食べられているアボカドの品種がこんな感じで誕生していると思うとびっくり!!!ですね。

 

また、直接は関係ないですが……

接ぎ木とか、苗を作るとか、

イマイチぴんときにくいことを

少しでも理解していただけた方がいたら

うれしいかぎりです!

 

 

 

長かったですが、さいごまでよんでいただき

ありがとうございました!!!

世界中で食べられているアボカドの品種、ハス種は実は〇〇だった?!②

こんにちは!

 

今日は、前回の続きです!!!

多分ここから読んでもまったく意味不明な感じになってしまうので……

ぜひぜひ前回のこの記事をみていただきたいです!

 


avocad000.hatenablog.com

 

 

 

 

 

では!続きです……

 

※こちらが引用文献

www.cooksinfo.com

 

 

 

 

 

ハス氏はさっそくライドアウトナーセリーへ行ってアボカドの種を購入し、果樹園に戻るとその種をライドアウト氏に言われたとおり植えていきました。「3つの種を1箇所にまとめて植えて、その中で一番強い芽にフェルテの穂木を接ぎ木すればいい」という助言通りに、果樹園にはアボカドの種が植えられました。そのときには誰も予想だにしていなかったのですが、将来的にはこのうちの1つがハス(品種)になるのでした。

 

 

 

 

植えた種がある程度大きくなり、台木の選抜と接木をするときに、ハス氏はふたたびコールキンズ氏を呼んで、接ぎ木をしてもらうようお願いしました。

 

接木(つぎき)とは - コトバンク

 

コールキンズ氏は、3本の芽のうち、弱い2本は間引いて一番強かった芽にフェルテの穂木を接ぎ木していきました。

 

 

 

 

翌年、接ぎ木をした木のうち、3本は失敗してしまっていたので、ハス氏とコールキンズ氏は再びその3本の木を接ぎ直しました。

 

 

 

 

そして、さらに1年経ったとき、接ぎ木がうまくいかない台木は1つだけになっていました。

 

 

 

 

 

この接ぎ木をしてもしても穂木がつかない台木は、使いものにならないだろう、ということでハス氏は切ってしまおうと思っていました。ただ、ここでコールキンズ氏が助言をします、「この木はとても強くていい木だから、このまま育てて、どんな実がつくかみてみよう!」

 

 

 

 

その木はまもなくたくさんの実をつけるようになりました。大きくなって熟した実をハス氏が収穫して家族や友人に食べさせてあげたところ大好評で、「もしかしたら栽培しようとしていたフェルテよりもおいしいかもしれない」と言う人もいました。

 Original Hass Hass Avocado tree

The original Hass Avocado mother tree. (Courtesy of California Avocado Commission)

 ハスの母樹

 

 

 

 

 

 

 

 

……続く

 

 

 

今回はこのへんで切っておきます!笑

次回をまた、おたのしみにー!

世界中で食べられているアボカドの品種、ハス種は実は〇〇だった?!①

こんにちは!

記事を読んでいただいてありがとうございます!

久々に記事を一気に更新したらアクセス数が増えていて

単純に嬉しいです

ネタが尽きそうですが……

絞り出していきます!!!笑

 

 

 

さてさて、今回は「ハス」という品種のアボカドの話です。

 

 

 

 

 

……ハス、という品種のアボカド????

 

なんのこっちゃ???

ってなった方もいらっしゃると思います。

 

 

 

 

説明すると!!!

 

実は!

いろいろな果物に品種があるみたいに

アボカドにもたくさんの品種がありまして

そのうちの1つがハス、です。

そして、日本に輸入されているアボカドのほとんどが

このハス、です。

 

 

 

果皮がゴツゴツしていてかたく

長距離の輸送に適していることや

食べごろになると果皮が黒くなるとなどが特徴です!

 

 

ハス種

f:id:avocad000:20180210220507j:plain

おもにメキシコから輸入されていて、現在は世界中で主力品種担っています。

 

 

……と、前置きが長くなりましたが

今回はこのハスが誕生したときのことを書いていきます。

 

 

 

 

※ここから先は下記のウェブサイトを引用、翻訳しています

www.cooksinfo.com

 

 

ハスは実は〇〇だった

まず正解から言うと

 

 

 

 

ハスは

 

 

 

 

実は

 

 

 

 

a lucky chance seedling

 

 

 

 

すなわち

 

 

 

 

ラッキーな偶発実生でした!!

 

 

 

なんと、ハスは実生樹由来の果実です。

 

 

どういうことなのか、説明していきますね。

 

 

 

 

 

ハス種誕生までの歴史

昔、カリフォルニアで種苗会社を経営していたライドアウト氏というアボカド愛好家がいました。彼はアボカドがほんとうに大好きで、アボカドの種を植えてみてはどんな木が育つのかをみるのが楽しみでした。彼のアボカド好きはものすごいもので捨てられているアボカドの種をゴミ箱から集めるほどだったそう。

 

また、昔、カリフォルニアにルドフ・ハス氏というアボカドで一儲けしたいと思っていた郵便配達人がいました。時給25セントでギリギリの生活を送っていたときに、アボカドを育てるのはコスパが高いという雑誌の記事を読んでアボカド栽培を仕事にすることを決意。1925年、ハス氏は1/2エーカーの果樹園を購入し、そこですでに栽培されていた数品種のアボカドを育てることにしました。

 

1エーカーの広さはどのくらい?(図)

1エーカーの広さ・面積 | 坪への換算方法【土地の単位】

 

 

また1926年にハス氏は接ぎ木の専門家コールキンス氏を雇って、栽培していたアボカドを全てフェルテという品種に変えてもらうようお願いしました。

接木(つぎき)とは - コトバンク

 

接ぎ木をしたときに、コールキンス氏はハス氏にライドアウトナーセリーからグアテマラ系のアボカドの種も買って植えるようにアドバイスをしました。そのときのコールキンズの頭にあったのはこれらの実生を接木用の台木にすることだったのだが……

書籍紹介「アボカド 露地でつくれる熱帯果樹の栽培と利用」 - 熱帯果樹写真館ブログ

 

 

 

 

……続く

 

 

長くなってきたのでいったんここで切りますね!

その②もそのうち更新するのでよろしくお願いします笑

 

 

 

まとめ

世界中で食べられているアボカドの品種、ハス種は実は実生樹だった!

京都にも……アボカドの木!!!

こんにちは!

今回はわたしが今現在住んでいる

京都に生育していたアボカドの木の紹介をしたいと思います!

 

京都って寒いからそんなにアボカドが育つイメージはないのですが

実際には数本の木が見られました。

順番に3本!

紹介していきます。

 

 

京都府久御山町にアボカドの木

まずはこの木から!

京都府久御山に生育しているアボカドの木です。

f:id:avocad000:20180210184824p:plain

倉庫?の奥にあるのがそれです。

 

 

f:id:avocad000:20180210185433p:plain

この木は久御山町中央公民館に植栽されており

新聞に掲載されていたのを

大学の先輩に教えていただいて

存在を知りました。

 

 

 

これがその新聞記事です。

f:id:avocad000:20180210184812p:plain

高さ10m以上の木は

樹齢が最長で40年以上とのこと……

 

20年ほど前には

アボカドの木であるということが

知られていなかったというのも

また謎に包まれていておもしろい……

そして、植えた人は本当にすごい!!!笑

 

一昨年の冬に

果実をいただくこともできました。

f:id:avocad000:20180210185530p:plain

 

果皮が薄めで

食べるときに黒変するタイプでは

なさそうでした……

味は、少しうすめだったかな......?

でも、全然おいしくいただきました!!!

 

 

 

 

 

 

京都市北区にアボカドの木

つぎは!

京都市北区に生育しているアボカドの木です。

f:id:avocad000:20180210190501p:plain

この木は保育施設の園内の植え込みに植栽されていて

またまた大学の別の先輩に

その存在を教えてもらいました。

 

 

 

 

施設の方におはなしをうかがったところ

「あら!アボカドの木なの?実もつけないし全然知らなかった!」

と言われました。

実を付けないアボカドの木が切られなくてよかった!笑

 

 

ちなみにこの木は落ち葉が出てしまうとか

すぐそばの電線に引っかかってしまうとかいうような理由があり、

かなり頻繁に剪定されているそうです。

上の写真でもかなり思い切り枝が切られていることがわかります。

 

 

 

 

ただ、この木のすごいところはその生命力で

その1ヶ月ちょっとあとには

 

 

 

 

 

 

 

ごらんのとおり!!!!

f:id:avocad000:20180210190703p:plain

葉っぱが回復している!!!!

(上の写真は2017/9/27撮影、下の写真は2017/11/6撮影です)

 

 

 

 

 

まあ、これくらい強くないと!

京都での生育は厳しいのかもしれないですね~~

 

 

 

 

 

 

京都市下京区にアボカドの木

最後に!

京都市下京区に生育しているアボカドの木です。

この木も大学の先生に教えてもらって

その存在を知りました!

 

 

 

 

 

 

結局、いつも誰かに

木があるよーーー見に行けばーーーー???って

教えてもらってばっかりなんですが

本当にありがたい!です!

 

 

 

 

 

ではでは問題です!笑

下の写真はグーグルアースのスクリーンショットなのですが

アボカドの木はどこにあるでしょうか?!

f:id:avocad000:20180210193316j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は

 

 

 

 

 

 

 

 

ココ!!!!!

f:id:avocad000:20180210210840p:plain

 

 

 

 

 

こんな感じです。

f:id:avocad000:20180210192111p:plain

 

 

 

ほかの街路樹(イチョウだったかな……?)と一緒に

狭いところで窮屈そうに

でもしっかりと生えていました。

f:id:avocad000:20180210192104p:plain

 

 

 

この木は近くの印鑑屋さんの店主が

10年ほど前にスーパーで購入したアボカドの種を植えたところ

ここまで大きくなったとのことでした。

 

横に大きく広がっている木で

ほかの街路樹とは明らかに違うのですが

これがアボカドだって分かる人は少ないことでしょう!( ・´ー・`)どや!

 

 

 

 

というわけで、以上!京都に生育しているアボカドの木の紹介でした!

 

 

 

 

まとめ

京都は寒いがアボカドの生育が不可能なわけではない。

 

 

 

たまに、「アボカドの種を植えたけど、冬枯れてしまったわーーー」

って教えていただくことがあります。

ここまで京都でも大丈夫だよ!!!

って言っておいてなんですが

やっぱり京都では、厳しいです。

でも!その中で生き延びているアボカドの木というのは

かなり強かったとか、植えた環境が生育にぴったりだったとか

ラッキーが重なった木だったと考えることができると思います。

 

 

大切にしていきたいですね(^^)

 

 

以上です!

よんでいただきありがとうございました!!!

アボカドブームは日本だけではなかった!という話

こんにちは!

前回の記事で、日本のアボカドの輸入量がのびている!

ってことを書きました。

 

avocad000.hatenablog.com

 

現在日本で生じされているアボカドは99%が輸入なので、

国内でのアボカド需要は急激に増大しているといえます。

 

 

 

そこで、今回は

なぜ、日本でアボカドがこんなにも食べられるようになったのか

ということに関して

考えたことを書いてみました!!!

 

 

 栄養価の高さが見直された!!

 まず、比較的よく聞くことではあると思うのですが

近年の健康志向でアボカドは注目されています。

……といっても、わたしが知っているのは

カリウムとかビタミンEとか不飽和脂肪酸とかを豊富に含んでいる、

ということくらいなのですが……

今後もう少し勉強していこうと思っています笑

 

興味のある方は別で調べてみてください!←

 

 

 

さまざまな調理法で人気UP!!!

つぎにぱっと考えられるのがこれですね!

アボカドが日本に導入された当初はその独特な食味が消費者には受け入れなかったと考えられます。

 

アボカドが日本に導入された当初、ではないですが

「はじめてアボカドを食べたとき」

わたしは、なんかかわった食べ物だ……と思ったのをおぼえています。

 

 

実際に一般消費者へのアボカドの利用法や食べ方の普及は困難だったという

過去の記録は残っており

 

このようにして↓

f:id:avocad000:20180210144739j:image

井上弘明・山田寿樹・高橋文次郎 1982. アボガドの導入と栽培現況 農業および園芸

 

食べ方の開発や普及をしていた記録が残されています。

アボカドの調理法を考える人がたくさんいたから

今ではアボカドの料理もいろいろあって

たくさんの人がアボカドを求めているのかもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

 

マクドナルドのアボカドバーガーとか

「アボカド マクドナルド」の画像検索結果

マクドナルド アボカドバーガー 2015 販売期間~いつからいつまで?~

 

すき家のアボカド牛丼とか

f:id:avocad000:20180210150330p:plain

【すき家】「アボカド牛丼」を9/7(水)9:00より新発売! | すき家

ファストフード店でアボカドのメニューが出てきたり

 

 

 

 

 

クックパッドでも

f:id:avocad000:20180210150649p:plain

【みんなが作ってる】 アボカドのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが283万品

40000件以上のアボカドのメニューが投稿されていたり

 

普段の食生活で

アボカドを目にする機会はここ数年でも

グン!!!と増えている気がします!

 

 

 

 

 

アボカドブームは日本だけのものなのか?!?!

 

アボカドの栄養価の高さが見直され

調理法がたくさんできたから

国内での消費量が広まった、ということは

たしかにそうではありそうなのですが……

 

 

 

 

それだけでこの伸び率って

すごすぎない?……と思い

世界でのアボカド動向もしらべてみました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界のアボカド生産量をしらべてみました

 

 

というわけで

 

 

 

 

でーーーーーーん!!!

 

 

 

 

 

世界のアボカド生産量(2000-2014)

 

f:id:avocad000:20180210152550p:plain

• Avocado production worldwide 2014 | Statistic

 ※million metric tons: 百万トン

 

なんと!

世界のアボカド生産量は2000年から約15年ほどで

2倍近くに伸びています。

 

 

どうやら、アボカドプームは日本だけのことではないようです。

 

こんな資料も面白いですね!

www.theversed.com

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにふみこみ、

世界でのアボカドブームのきっかけみたいなことも

調べてみよう!と思ったのですが

その理由については

消費者の健康志向の向上に伴いアボカドの栄養価の高さが見直された

いろいろな料理が開発された

と、先ほどと同じようなことしか見つけられませんでした。

 

もしかしたら

本当に理由はそれくらいで

世界中でこのような動きがあったら

爆発的にアボカドがもとめられるようになったのかもしれないですね!

 

 

まとめ

アボカドの消費量が増えているのは日本だけではなく

全世界的規模で見てもでアボカドの消費量は爆発的に増えている。

 

 

 

これだけ世界中で広く食べられている果物って

いったい何種類くらいあるんですかね?

というふとした疑問を最後に共有させていただきます……

 

 

読んでいただきありがとうございました!

アボカドの輸入量は(およそ)30年で30倍?!?!

こんにちは!

早いものでもう2月……

ブログの更新を怠ってしまっている間に卒業の時を迎えてしまいそうです。

 f:id:avocad000:20180210092608p:image

数日前に無事卒業論文を提出できました。

 

 

 

 

 

卒業するのでこのブログも一旦閉めようと思います、寂しいですがネタが切れます笑

(……が、その前にかけることはしっかりと書ききって締めます!←自分への宣言)

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、今回はアボカドの輸入量のことを書いていこうと思います!

 

 

 

 

 

 

アボカドの輸入量をしらべてみました

卒業に向けて論文を書いているとき

アボカドの輸入量を調べてみようと思ったのですが…

資料がない!!!

 

 

 

 

 

「アボカド 輸入量」

などで検索してみると

税関がだしている面白い資料とか

果物ナビというサイトが出している最新の輸入量とかは

出てくるんですが、

過去にさかのぼることがあまりできない……

 

 

 

 

 

アボカドの木を探すこと以外は

今までたいていなんでもネットで解決していたので

途方にくれてしまいました笑

 

 

 

 

 

ただ、調べていくうちに

青果物輸入統計という資料に

輸入果樹に関する過去の記録が載っているらしい

ということがわかり

それをもとにアボカドの輸入量を調べる作戦にいきつきました

 

(大学の書庫の中にあった

分厚い冊子の写真をとっておくべきやったと

後悔してます笑)

 

 

 

 

 

 

アボカドの輸入量は2000年ごろから急激に増大している!

はい、だいぶ、もったいぶってしまいましたが、

アボカドの輸入量を公開します!!!

 

 

f:id:avocad000:20180210105558p:plain

 

1985年からの資料がみつかりました。

1985年の輸入量→→→2359トン

2016年の輸入量→→→73915トン

(※ちなみに1トンは1000キログラムです)

1985年と2016年を比較すると31.33倍のアボカドが輸入されています!!!

 

 

 

 

輸入量は常に増大しているというわけではないので

約30年で約30倍!

というのは多少語弊がありますが

とにかく!アボカドの輸入量は大幅にのびています!

 

 

まとめ

アボカドの輸入量は2000年ごろから増大しており、

2016年には7万トンを超えるアボカドが海外から輸入されている。

 

こんなにも一気に広まって

30年間で食生活に革命を起こしているアボカドってすごい……気がします……

 

さいごに輸入量の細かい数字を載せておきます!

 

アボカド輸入量

f:id:avocad000:20180210114301p:plain

引用:青果物輸入統計

 

今回はこれで以上です!

読んでいただきありがとうございました!

アボカドは2本一緒に植えたら実をつけやすいけど、1本だけでも実をつけるってホント?!?!

こんにちは!

今回は前回に引き続きアボカドの花のことです。

前回のブログでは

「開花パターンのちがう品種のアボカドを一緒に植えたら実が付きやすくなる」

って話をしました。

 

avocad000.hatenablog.com

 

 今回はそれに引き続き、アボカドの花の話をしていきます!

 

 

タイトルがなんだかめんどくさいことになっていますが

ぜひぜひ読んでいただけたらと思います!

 

 

アボカドは2本一緒に植えたら実をつけやすくなる

……という話を前回しているので

????

ってなった方は読んでほしいです。

 

avocad000.hatenablog.com

 しつこいですね笑

 

 

周りに他の樹がない状況の中、単独で実をつけるアボカドの樹がある!

開花タイプのちがう樹が2本以上あると実をつけやすいということではあるのですが

実際に2本ないと絶対に実をつけないのかというとそういうことでもないようです。

このブログに登場した木の中にも単独で実をつけている樹は複数あります。

 

 

 

いったいどうなっているんだ?!?!?!

 

 

っていうことを今年の春に調査したので  ←アボカドの花が咲く時期

 

 

報告させていただきます。

 

 

 

 

単独で実をつけるアボカドは雌雄の花の活動時間がかぶっている

調査、っていうぎょうぎょうしい言葉を使ったのですが

実際には数本の樹の花をいろんな時間帯にみてみた

っていう簡単なものです。

しかし、このような簡単な調査でも発見はありました。

 

調査をする前の仮説はふたつ

①花が低温などのために規則的に咲けていない、乱れて咲く的な…

②花は規則的に活動しているが雌雄の活動がかぶる時間帯がある

 

を考えていたのですが(もちろん先行文献などを見て…笑)

 

実際には②だったみたいです。

 

 

朝、昼、夕方と数本の樹を見たのですが朝と夕方は1種類の花しかなかったのに対し、

昼は雌ステージ、雄ステージそれぞれの花が見られました。

 

f:id:avocad000:20171011201301j:plain

この樹はある場所で昼の12時ごろに撮った写真なのですが、

雌と雄、わかりますか??

 

ちなみに

雌ステージ

f:id:avocad000:20171011112409j:plain

 

 

雄ステージ

f:id:avocad000:20171011112405j:plain

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は……

 

 

 

 

 

f:id:avocad000:20171011201857p:plain

赤が雌、青が雄でーーーす。

たしかに午前、午後とかって人間だったらはっきりわけられるけど

アボカドの花にしてみればそんなにきっちり分けられるものではないですよね…

 

 

 

 

単独で実をつける樹に関しては

実をつけるまでにどれも長い年数かかっているので(20年とか…)

1本だけでも大丈夫だよ!

って言いたかったわけではないのですが

 

必ずしも2本以上植えなくてもいい

っていうことの背景にはこうゆうことがあるんだな

って知ってもらえたらと思います。

 

 

まとめ

アボカドは雌雄異熟でちがう開花パターンの花を混植することで実をつけやすくなるといわれているが、1本のみで実をつける木もある。

1本のみで実をつける木の中には雄と雌の活動時間がかぶっているものがある。

 

 

1個前の記事と今回の記事は

できる限り分かりやすく!正確に!ということを

特にこころがけて書いたのですが

難しかったです。

 

あれ???って思われた方は

ほかの資料などを

見てみるのも面白いかもしれません……

投げやりではないです笑 すみません!

 

 

最後までおつきあいいただきありがとうございました!!